吹奏楽コンクル終了

関係ないけど夕日

今日はふつうのフルートのお話。

吹奏楽のコンクールに出てきましたよ~。

大人のブラスバンドは、出場するバンドとしないバンドに分かれるようで、私の所属する団体は・・・諸般の事情で設立以来、ほとんど出ているらしい。

また、3年前までは、常に金賞で(ただし、上位大会には行かない、いわゆる「ダメ金」。)去年初めて銀賞で、戦慄が走ったらしい。

で、今年の結果は・・・銀賞。

練習期間、メンバーのそろいが悪かったなどの事情で、まあしょうがないか、との見方が大半のようでした・・・

で、ここからが個人的な話なのですが・・・

ってゆうか!銀でダメなの?!すごいじゃん!っていうのが私の感想で(汗)

私が中学のときのブラスバンド部は、万年銅賞・・・

特に問題意識も無かった(笑)

どうやら、北海道の北見地区は、レベル高いみたいなんです・・・・

銅賞なんてありえない。みたいなことをみなさんおっしゃるのですよ!

確かに結果を見ると、銅賞なんて、各部門1、2件しかついていない。

はて、時代の変化なんだろうか、と、故郷、岩手地区のコンクル結果を見てみると・・・

銅賞、いっぱいあるではないですか!

・・・・地区ごとのレベル格差、大きいんですね、吹奏楽って。

ほんと、知らないことばかりの世界です。。。

自分の演奏についてふりかえると・・・

本番では、苦手なところ(7連符とか、装飾音とか)で木管メインで間違いが目立ちそうなところは、思い切って、吹きませんでした(汗)

ううう。ごめんなさい。

ピッチが悪いところも、自分のパートはカットしてもらったり、低音に変えてもらったりしました。

やはりどんな場面でもピッチをコントロールする術は大事ですが、まだまだな私。

でもでも、自分では、コンクール曲を練習する前より、大分出来てきたと思うのです。

吹奏楽曲のいいところは、フルートパート数名で同じメロディを吹いたり、ハモったりすることが多いので・・・

「今私ピッチ悪い!」ということが、ハッキリとわかるのです(笑)

フルート教室でソロで練習しているときや、フルートアンサンブルだと、基準にする音がないので、先生に言われるまで、自分では気づかないことが多く・・・

確かに、高音だとピッチ上がりすぎるなー、とか、音を弱くすると、メタメタだなぁとか、自分のクセが分かってきました(一般的な話だが、体感できてなかった・・・)

あと、長い曲を最後まで演奏する、集中力が大分付いたかな。

フルートアンサンブルに入ったころは、気を抜くと、どこをふいているか分からなくなって、自分だけ入れない、ということが良くあったので(笑)

 

とにかく、終わってよかった(笑)

関連する投稿

Filed under: クリスタルな日常, 普通のフルート — cumucumu 8:36 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

☆画像認証、やめてみました。☆